元の相手と復縁するための第一歩とは

The Reuniting

復縁の約束をした場合の対処法

The Reuniting みなさんのなかには、別れてしまった人とある約束をした、という方もいらっしゃるのではありませんか? 例えば、別れてしまった相手とギャンブル癖を治す、1年後誰も好きな人がいなければ結婚しよう、などです。
こういった約束をする場合にはお互いにまだ未練がある場合があります。
未練があれば約束を希望として託すことで少しの可能性を見出し、明るく別れを演出することにもつながります。
あなたが復縁をしたいと検討をしている時には、まずこうした約束をしたかどうかを思い出しましょう。
忘れてしまいがちですから、しっかりと書き留めておく、ということも大切です。
とはいえ、人によっては大切な出会いだと感じているのならば、記憶にとどめておくことをおすすめします。
どんな出会いにしても大切な出会いですから、一度好きになった相手と復縁をしたいと考えること自体、自然な流れかもしれません。
復縁できなかったとしてもいい友達になれる可能性も残されていますので、諦めないことです。

元カレや元カノを復縁に前向きにさせる

元カレや元カノ、過去にお付き合いをしていた人を忘れられないということはありませんか。
思い出の品を眺めて思い出したり、夢に現れて辛い気持ちになったりと、失恋から立ち直るまでには時間が必要です。
別れたけれどどうしても相手のことが忘れられない場合は復縁の方法を模索します。
復縁をのぞむのであれば、相手に新しい恋人が出来る前に願いを叶えたいと考える方は多くいることでしょう。
過去の恋人に復縁について前向きに考えさせるには、あなたの気持ちを押しつけるばかりではいけません。
相手の気持ちに寄り添って、実践していくことがポイントです。
連絡が取れる状態にある人は、相手に今の気持ちをストレートに伝えてください。
「別れてもあなたの隣に居ることしか考えられない」という気持ちを伝えてください。
メールやメッセージよりも対面や電話で、ご自身の声で伝えることが良いです。
ただし、別れにはそれなりの原因がつきものですので、改善出来る点は改善して、相手が前向きな気持ちになれるように努力しましょう。